利回りとは

よく不動産をみていると出てくる言葉、利回り。

それほど難しくは無いので、参考程度に覚えるのも良いですね。

利回り

利回りとは、一定の元金からいくらの利益が出るかを示す数値で、
「利回り(%)=年間家賃収入÷物件価格×100」と計算します。

一般的には、表面利回りをいいます。

専門的/詳細を検討するときには、実質利回りをいいます。

実質利回り

実質利回り(ネット利回り)は、表面利回りに各種コストを加味した指標です。

実質利回りの経費は、管理費や固定資産税、仲介手数料や登録免許税などがあります。

一般的に考えると、利回りが高いマンションやオフィスビルは高く売買され、利回りが低いと安価に売買されます。

ただし、ここには空室のリスクは考慮されていません。

また、古いビルやマンションは、空室率の増加や設備交換などの費用も必要になってくるので、そういう隠れた経費リスクもあります。

そういう商品価値の低い(リスクの高い)物件は、オーナーは安価に売却をすることになるので、利回りが高い物件になります。

ハイリスクハイリターンの、いわゆるリスクプレミアムです。

なので、利回りの数字だけを見て判断するのではなく、総合的に判断する必要があるのですね。

 

リスクプレミアムとは|金融経済用語集