仲介 媒介の違い

仲介と媒介と言葉は二つあって、ほぼ同じ、という説明をきくことも多いのですが、当たっているけれど正確な答えではないです。

媒介は、不動産オーナーに売却依頼を受けた不動産業者が使います。(媒介業者と言います)

仲介は、物件を仲介する、という意味から来ていますが、仲介するのは、不動産オーナーから媒介依頼を受けた業者は使わなくて、媒介業者に広告させてもらっている業者がよく使います。(仲介業者と言います)

という感じです。

すこし余談ですが、なぜ仲介業者がいるか、といえば、媒介依頼を受けた業者が一社だと、情報発信能力も限界があってなかなか売れないから、仲介業者が販売に協力しているという形になります。

支払う仲介手数料の総額は、仲介業者がいてもいなくても同じのことが多いのですが、仲介業者がいたほうが味方(協力者)になってもらえて、実際の相場も教えてもらえたり、価格交渉をしやすいことがあります。

手前味噌になってしまいますが、ぜひ私ども仲介業者をご活用ください^^