高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

既存住宅 新築住宅 比較

家やマンションなど住まいを購入されるとき、新築か既存住宅(中古住宅)かで迷われるようでしたら、基本的には、新築にこだわる方や、資金面でゆとりがあるようでしたら、新築をおすすめします。

今の新築住宅にはすべて、国が決めた制度の瑕疵担保責任10年間の義務があります。一般的に大手ハウスメーカーでは、さらに30年保証をつけていたりします。

少々高くても新築の満足感と、維持費の良さや、長期保証制度の充実はおすすめです。

SMART STYLE B

 

予算を有効活用

既存住宅のリフォームでも、資金面で余裕がある、という人はそれほど多くないものです。

できる限り予算を有効に、ということなら、価格がこなれている築10~15年程度の既存住宅を購入し、リフォームすることをおすすめします。

既存住宅は、予算に応じてたくさんの種類の中から気に入った設備も入れられ、必要な部分だけ新しくすれば、選ぶ楽しみやリフォームする喜びもあり、最良の住まいが手に入ります。

また、国の既存住宅流通への優遇策などもあります。 

 

既存住宅 新築住宅 比較

ご参考までに、下に、新築と既存住宅の比較をまとめたものを掲載します。

スマホの方は、横向きでご覧ください 新築 既存住宅+リフォーム
新しさ すべてが新しい 必要な部分をリフォーム
設備 最新鋭設備   必要な部分をリフォーム 
工法 最新工法   – 
現物確認 建てる前はできない
(できて後悔することも)
できる
(比較的後悔が少ない)
周辺環境 周囲の入居者が決まっていないときや入居前は体感・イメージできない 体感・実感・把握できる  
耐震性 新耐震基準+現行基準 物件による
こちら を参照
保証 法律により、基礎など様々な瑕疵担保保証10年のほか、住宅業者の各種保証があることも リフォーム時に保証をつけてくれるところもあり
価格 高い 格安
購入時手数料 安い 少し高い
住宅ローン 長期ローンが組みやすい   長期ローンも可能。
耐震基準適合証明書があれば、金利メリットの高いフラット35が利用出来る
資産価値の減少 下がりやすい (目減りしやすい) 下がりにくい
購入費用が抑えられ、利回りが高くなるので、賃貸用や転勤が多い方にも○
物件数 少ない   多い  
その他 注文住宅、建売住宅の違いもあります
注文住宅 建売住宅 比較
設備交換が必要なことも
維持費がかかることも
間取り変更できないことも  

 

ざっくり言えば、イニシャル(購入総額)の高い新築と、ランニングコストの高い既存住宅、という感じです。

予算から考えて、新築より条件の良い(広さ、立地などが良くなる)のは既存住宅になるので、経済面から新築を見送って既存住宅を選ぶということも多いようです。

ただ、すべてがまっさらな新築住宅の良さは、長きにわたって住めるし、なにものにも替えがたい満足感を得られたりします。

結局、新築には新築の良さもあればデメリットもあり、既存住宅には既存住宅の良さもあればデメリットもあり、人それぞれのお好みにあわせて選ぶと良いと思います。

 

5750848_m

既存住宅の場合

既存住宅の場合は、しっかりと購入前に事前インスペクション(建物調査)をし、購入決定後は、耐震基準適合証明書長期優良住宅の認定を受ければ、メリットはとても大きいです。

これらは、地震などの心配を最低限に抑えるだけでなく、各種金銭的な優遇を受けられ、さらに将来売却が必要になったときも、証明や認定があるのでより売却しやすくなります。

住まいを購入されるときの様々な優遇については、お問い合わせ、ご相談いただければと思います。

 

また、耐震基準適合証明書や長期優良住宅の認定については、こちらのページをご覧ください。

耐震基準適合証明書

長期優良住宅の認定

 

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3