高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

金利1%の差

たった金利1%の差でも、長期間ローンになると、びっくりするほど利息を払うことになります。

参考程度に、1000万円、3000万円、5000万円を、1.5%、2.0%、2.5%で、35年間、借りた場合の金利計算を掲載しています。

お金を借りる三原則は、低金利、少ない金額、早めに返済ですね。

 

  借入金:1000万円  期間:35年

スマホの方は、下の表は横向きでご覧ください

年間利子率 1.5% 2.0% 2.5%
月額返済額 30,618円 33,126円 35,749円
返済総額 12,859,535円 13,912,786円 15,014,580円
利息分 2,859,535円 3,912,786円 5,014,580円

1000万円借りて、金利1.5%だと総額1286万円返済。(金利だけで286万円)
1000万円借りて、金利2.5%だと総額1501万円返済。(金利だけで501万円)

金利1%の違いが約215万円の差になっています。

 

 

  借入金:3000万円  期間:35年

年間利子率 1.5% 2.0% 2.5%
月額返済額 91,855円 99,378円 107,248円
返済総額 38,579,007円 41,738,968 45,044,199円
利息分 8,579,007円 11,738,968円 15,044,199円

3000万円借りて、金利1.5%だと総額3858万円返済。(金利だけで858万円)
3000万円借りて、金利2.5%だと総額4504万円返済。(金利だけで1504万円)

3000万円の場合、金利1%の違いが約646万円の支払額の差になっています。

 

 

  借入金:5000万円  期間:35年

年間利子率 1.5% 2.0% 2.5%
月額返済額 153,092円 153,092円 178,747円
返済総額 64,298,491円 69,564,969円 75,073,795円
利息分 14,298,491円 19,564,969円 25,073,795円

5000万円借りて、金利1.5%だと総額6430万円返済。(金利だけで1430万円)
5000万円借りて、金利2.5%だと総額7507万円返済。(金利だけで2507万円)

5000万円では、金利1%の違いが約1077万円の支払額の差になっています。 

 

参考 :

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫) 住宅ローンシミュレーション

SUUMO マンガでわかる 100万円差がつく金利のしくみ

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3