高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

住宅の品質確保の促進等に関する法律

せっかく手に入れたマイホームの性能に著しく問題があったり、生活に支障を来す重大な欠陥があったりしては大変です。

そうした住宅に関するトラブルを未然に防ぎ、そして万が一のトラブルの際も紛争を速やかに処理できるよう制定されたのが「住宅の品質確保の促進等に関する法律」です。(住宅保証機構ホームページより抜粋)

 

三つの大きな特徴

新築住宅の瑕疵担保責任の10年間義務化

平成12年4月1日以降の新築住宅の取得契約(請負/売買)には、基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について10年間の瑕疵担保責任(修補請求権等)が義務となりました。

これにより、10年間になんらかの瑕疵(欠陥)が見つかれば、工務店や不動産業者による無料補修などが義務づけられ、安心して住宅が購入できるよう法的に整備されました。

「住宅性能表示制度」を制定

住宅の性能がわからないことや、評価の基準がないことから、「住宅性能表示制度」ができたものです。

住宅性能表示制度を利用するメリットは、住宅ローン優遇や地震保険の優遇などがあります。

第三者機関評価による「住宅性能評価書」が残るので、売却時に有利になりやすいこともあります。

トラブルを迅速に解決する「指定住宅紛争処理機関」を整備

評価を受けた住宅は、トラブル時には、裁判外で円滑/迅速に紛争を処理する体制が整えられています。

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3