高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

住宅性能表示制度 中古

 住宅性能表示制度は、住宅の品質確保の促進等に関する法律、いわゆる「品確法」に基づいた制度です。

簡単に言えば、住宅の性能がわからないことや、評価の基準がないことから、「住宅性能表示制度」ができたものです。

既存住宅の住宅性能表示制度

住宅性能表示制度の既存住宅(いわゆる中古住宅)の場合、現況とその評価を行います。

その結果を利用して、メンテナンスや修繕・リフォームを促したり、売買の時の住宅資料とすることを目的としています。

マンションなどでは、設備や階段・廊下などの共用部分も適時・適切な検査を受けることで、マンションの適正な管理が図れます。

既存住宅を対象とした性能表示6分野

これらの項目は、外見や間取図からではわからない項目が重視されています。

  1. 構造の安定 に関すること
  2. 火災時の安定 に関すること
  3. 空気環境 に関すること
  4. 光・視環境 に関すること
  5. 高齢者等への配慮 に関すること
  6. 防犯 に関すること

留意点としては、既存住宅の場合は、主に外観の目視によるチェックになるため、チェック範囲には限界があります。

また、建物の瑕疵(欠陥)の有無を判断するためのものではありません。

費用 → 既存住宅 住宅性能表示制度 費用 検索

 

既存住宅の住宅性能表示制度ガイド (平成22年11月改訂版)

Fudousan Plugin Ver.1.5.3