高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

住宅性能表示制度 新築

住宅性能表示制度は、住宅の品質確保の促進等に関する法律、いわゆる「品確法」に基づいた制度です。

簡単に言えば、住宅の性能がわからないことや、評価の基準がないことから、「住宅性能表示制度」ができたものです。

この制度は、設計前に(新築を建てる前に)制度を利用することを決める必要があり、申し込みを行う際にはあらかじめ設計をしてもらう工務店などと相談が必要です。

この制度を利用すれば、主に以下のメリットがあります。

制度のメリット

  • 性能表示住宅の住宅ローン優遇
  • 地震保険の割引 
  • 評価書を契約書に添付すれば、評価した性能が契約内容に

この制度を利用すれば、第三者の評価機関によって、求められている性能どおりに設計がなされ、また評価を受けた設計どおりに工事が進められているかどうかのチェックがあります。

費用はかかるものの、設計段階だけでなく、建設工事や完成段階でチェックがされるので、瑕疵などの心配も最小限になり、安心して住み始めることにつながります。

費用→ 住宅性能表示 料金 で検索

新築住宅を対象とした性能表示10分野

これらの項目は、外見や間取図からではわからない項目が重視されています。

  1. 構造の安定 に関すること
  2. 火災時の安定 に関すること
  3. 劣化の軽減 に関すること
  4. 維持管理・更新への配慮 に関すること
  5. 温熱環境 に関すること
  6. 空気環境 に関すること
  7. 光・視環境 に関すること
  8. 音環境 に関すること
  9. 高齢者等への配慮 に関すること
  10. 防犯 に関すること

留意点としては、光環境を優先すれば、温熱環境の項目が悪くなるといった相反関係の項目もあります。

 

 上記項目のわかりやすい説明はこちらが参考になります

 (社)住宅性能評価・表示協会 ホームページ

   住まいの安心は10分野のモノサシではかります

 

 

概要については、こちらをご覧ください

国土交通省 住宅性能表示制度の概要(平成22年11月改訂版 PDF)

 

詳細はこちら 

国土交通省 住宅性能表示制度の解説 1 (平成26年2月改訂版 PDF 5,668KB)

国土交通省 住宅性能表示制度の解説 2 (平成26年2月改訂版 PDF 5,241KB)

 

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3