高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

下水 汚水 雨水 雑排水 公共下水 本下水

下水とは、雨水汚水の両方です。

雨水 : 読んで字のごとく、雨水です。わき水や雪解け水も当てはまります。

汚水 : トイレのし尿、炊事洗濯など生活の雑排水、工場排水などです。

言葉がいろいろあってややこしいですが、下水とは、雨水+汚水と覚えておけば良いでしょう。

下水道が整備されると、公共下水、本下水などと呼ばれます。(整備されていない場合は、浄化槽、汲み取りと呼ばれます) 

地味な写真ですみません。汚水マンホールには空気穴がありません。

地味な写真ですみません。汚水マンホールには空気穴がありません。

あと、雨水と汚水を一緒にまとめて流す方式を合流式。

雨水と汚水を別々に流す方式が、分流式です。 

それぞれのメリット・デメリットはあり、分流式は二本別々にわけて埋設するのでコストが高くなります。 

空気穴がある雨水のマンホール

空気穴がある雨水のマンホール

 合流式は、下水管が一本で済むのでコストメリットはありますが、大雨の時に、汚水の中にすさまじい量の雨水が流れ込みますので、たまにニュースでありますが、大雨が降ってトイレや洗面所などから水が逆流してあふれてきたとかという現象が出ることもあります。

でも、不動産屋はこういうところまで見ています。地味ですが、家に住む人のことを考えると、こういう地道な確認は必要なのです。

 

公益社団法人 日本下水道協会  下水道を調べてみよう

Fudousan Plugin Ver.1.5.3