高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

未公開物件 非公開物件

 

未公開物件非公開物件には、掘り出し物が多く存在します。

後悔しない物件選びを

一般的に家を売り出すときは、国の不動産情報データベースに登録をしますが、登録すれば、全国の不動産業者に売り出しをしていることがわかります。

そうすると、まずはその売りに出た物件の隣近所に売却の話がゆくのは一般的な話。

実際、出た物件の情報を持って、物件の近所へすぐに営業に出かける不動産業者はたくさんおられます。 

yajirusi

時には、離婚など特別な事情があって、できる限りわからないように売却を依頼されることもあります。

相談を受けた不動産屋は、その旨を配慮をして、非公開物件未公開物件として扱います。

そうすれば国の不動産データベースに掲載されないので、自社の会員さんや店にやってきた方など、本当に物件を探している人にしかお見せすることはないので、プライバシーは守られやすいのです。

非公開物件 画像はダミーです

こんな感じで非公開物件は表示されていることも

また東京23区周辺は、ちょっとでも良い物件はすぐに売れてしまうので、公開物件は、「売れ残り物件」が多数です。

高すぎたり、駅から遠かったりと、なかなか買う気になれない物件です。

中には何年も売れずに掲載されていることも多く、結局、公開物件は売れ残りが多いというイメージもあります。

でも非公開物件・未公開物件は、たとえば「事業資金が必要なため、安価でも早期売却したい」「相続税の期限が迫っている」など、なんらかの事情がある物件が非常に多いので、価格交渉もしやすく、良い情報であることが多いです。

 

リフォーム後に売り出す場合も、非公開物件、非公開物件として扱うことも

リフォーム後に売り出す場合、早めに売り出したいものの、リフォーム後の画像がないので、先行して非公開物件として扱うことも

 

弊社でも、ネットに出したくても出せない物件を数多く取りそろえています。

後悔をしないためにも、一度会員登録をしていただくか、ぜひ非公開物件・未公開物件をお問い合わせください。

 

高輪不動産 会員登録

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3