高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

耐震基準の明確な違い

 

taishin-kijun

 

耐震基準に関して簡単に書くと、以下の通りになります。

旧耐震基準 震度5強程度まで倒壊せず

新耐震基準 震度6強~7程度まで倒壊せず

気象庁  震度について(PDF)

ただし、長年にわたって倒壊しないという保証をしたものではありません。

二度、三度と繰り返し揺れがくることにより、倒壊のリスクは高まります。

また倒壊しないといっても、地震で建物が無傷であることを保証したものではありません。

 

また、中古木造住宅の場合は、こういう記事もありますのでご注意ください。

新耐震住宅でも倒壊恐れ8割 神戸新聞

 

新耐震基準の目的

新耐震基準は1978年の宮城県沖地震をきっかけでできたものですが、参考程度に、この「新耐震基準の目的」を挙げておきます。

頻繁におこる地震では、建物の構造に損害がないようにする

滅多に起こらない大きな地震では、致命的な損害を回避し、人命を保護するようにする

わかりやすく言えば、今の自動車の設計とよく似ていて、事故で車はぐしゃぐしゃになっても乗員や歩行者は守ろうという発想で、新耐震基準の考え方は、巨大地震で建物は使えなくなっても人命を守ることを考えられたものです。

"災害写真データベース

住家被害①<阪神・淡路大震災>

  

現行基準

 現行基準は、1995年の阪神大震災の教訓をもとに策定された基準です。

主に、基礎の仕様(地盤調査が必要)や、柱や筋交いの接合方法、そして耐力壁などが具体的に決められたものです。 

"住家被害の様子

住家被害②<阪神・淡路大震災>

わかりやすい現行基準の例として、阪神大震災時、木造住宅の柱が土台から引き抜けて倒壊した住居が数多くあったため、土台から柱が抜けないようにホールダウン金物を取り付けるよう、基準が変わりました。

ウィキペディア ホールダウン金物

 

ただし現行基準で作られている住居であっても、シロアリなどで腐食していては意味がありません。

現行基準の既存住宅を購入される場合でも、念のためインスペクション(建物調査)を行って必要であれば対策をし、後顧の憂いを無くしておきたいものです。

Fudousan Plugin Ver.1.5.3