高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

不動産を夫婦の共有名義にするメリットは?

資金面のメリットが考えられます。

①住宅ローンの融資額

希望の融資額に夫の年収が足りない場合は、働いている妻の年収を上乗せすることができます。これがいわゆる「収入合算」制度。これを利用できれば有利なマイホーム計画が組めます。

②住宅ローン控除額

住宅ローン控除は単独名義にすると夫一人がローンを負担し、夫の所得税額分しか対象になりません。
ところが、共有名義にしてローンを分担すると、夫婦2人とも控除の対象となり、より多くの住宅ローン控除を受けられる可能性があります。
ただし、妻が将来仕事を辞めて所得がなくなると、住宅ローン減税は受けることができなくなるので、慎重に検討する必要があります。

d278e1b51e868cdf399897c5710ad387_s

Fudousan Plugin Ver.1.5.3