高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

申込金と手付金の違いとは?

申込金とは、「申込証拠金」とも言います。売買契約締結以前に教授される金銭については、買主の順位保全や購入の意思確認を目的とするお金です。契約が成立したときは手付金の一部に充当され、不成立のときはその時点で返金される金銭です。金額的には、だいたい5万~10万円が相場で、相談次第では数千円から1万円ぐらいで可能なところもあります。

手付金は売買契約の締結時に支払われる金銭のことで、残代金支払い時に売買代金の一部として充当されます。申込金と違い、買主の都合で契約を中止する場合には返金されません。通常、売買金額の10%程度にすることが多いです。契約の解除を申し入れる際、手付金の放棄が条件となる性格上、売主様・買主様双方にとって、安易な契約の解除ができないよう、少額の手付け金は望ましく無いというのがその理由です。

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3