高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

火災時 鉄骨 対 木造 (保険料)

実は 木は鉄よりも耐火性は強い です。

鉄は燃えませんが、木は燃えるので不思議に思われる方もおられると思いますが、意外に思われたかもしれませんが、鉄は熱で柔らかくなってぐにゃりと曲がってしまいますが、木材は燃え尽きるまで燃えていない部分は強度が保てます。

 

都市部は、ほとんど防火地域か準防火地域で、耐火建築物か準耐火建築物しか建てられない

 

失敗しない住宅購入

東京23区は、防火地域か準防火地域

東京23区は、全域が 「防火地域」 か 「準防火地域」 とよばれる地域です。大阪でも、市内のほとんどは防火・準防火地域です。

今、この地域で建てられることのできる木造建物は、「耐火建築物」「準耐火建築物」と呼ばれる建物でないと建てられません。

 

実は、この耐火・準耐火建築物は、木造住宅でも、鉄骨住宅でも、鉄筋コンクリート住宅でも保険料はみな同じです。

よく 木造は火災保険が高い と言われますが、「耐火建築物」「準耐火建築物」であれば、保険料は鉄骨や鉄筋コンクリート住宅よりも高くありません。

こういう木造住宅は保険料は高くなります

こういう木造住宅は保険料は高くなります

 

 集合住宅は安くなる

ちなみに下の表のように、鉄筋コンクリートと耐火建築の木造住宅の場合で、団地やマンションなどの集合住宅になる場合は、保険料が安価になります。これは、同じ土地でおまとめで安くしているようなものかもしれません。

 

画像クリックで、あいおいニッセイ同和損保の説明ページへ飛びます
house03_img_003
あいおいニッセイ同和損保 構造級別 確認フローチャート

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3