高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

注文住宅 建売住宅 比較

住宅を購入されるとき、建売住宅よりも注文住宅が良いと一般的には考えられていますが、注文住宅には、あまり知られていないデメリットもあります。

住宅購入は高い買い物。

失敗しない住宅購入のため、最低でもお伝えしておきたいことを掲載します。

riso-ie

 

 まずは建築基準法にかかること

スマホの方は、横向きでご覧ください 注文住宅 建売住宅
耐震性 新耐震基準+現行基準 新耐震基準+現行基準
保証 瑕疵担保保証10年 瑕疵担保保証10年
設計~建築時の検査 少なくとも5回 少なくとも5回

今の新築住宅は、注文住宅も建売住宅も建築基準法違反していない限り、設計段階から完成までに少なくとも5回チェックが入るので、耐震性などは基本的に大丈夫だとされています。

失敗しない住宅購入これは姉歯事件のおかげ?で、きちんとした建物が供給されるよう、法的に規制がかかったためです。

また、すべての新築住宅は法律により10年間保証され、業者がたとえ倒産していても、供託制度により保証されるようになっています ↓↓↓

住宅瑕疵担保履行法で、構造耐力上主要な部分、および、雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

参考 : 住宅瑕疵担保責任保険協会 住宅瑕疵担保履行法とは

今は、耐震性も瑕疵保証も確保した安心の新築住宅を購入できる時代なのです。

 

 大きな違い

 注文住宅か建売かで悩んでおられる方は、こちらの比較表を参考にしていただければと思います。

スマホの方は、横向きでご覧ください 注文住宅 建売住宅
設備・デザイン 自由に選べる 建売業者まかせ
建てる前は変更できるかも
間取り 自由に選べる 建売業者まかせ
仕上がり完成 イメージと違うことも イメージと違うことも
完成物件は現物確認できる
入居までの時間 こだわるほど時間がかかり
半年~1年以上
完成していれば、即入居。
建築前なら3ヶ月程度
ローンの場合

土地ローン+建物ローン

賃貸を借りていれば、賃貸の支払いも継続するので、新居に移動するまで3重ローンのような状況に

土地+建物込みでのローン

賃貸を借りていれば、新居に移動するまで2重ローンのような状況

価格 高い   安価(比較的)

 

注文住宅購入の留意点

私(弊社代表)の実家も注文建築でしたが、家を建てるとき、注文住宅ゆえに様々な選択肢があるので、なかなか時間がかかったことを見ています。

建物がある場合、更地にすることからはじまります

建物がある場合、更地にすることからはじまります

まずは、いろいろな建築の規制などを考慮し、基礎をどうするかとか、部屋の配置収納のスペースをどこに置くか部材はどれにするかなど、打ち合わせを繰り返す必要がありました。

一つ一つを決めてゆくのは満足感が得られるものですが、家族の意見もバラバラだったり、決定が遅れると工期も遅れるので、なかなか大変そうだったのを覚えています。

 

注文住宅のデメリット 

住宅購入 資金計画は万全にほかにも、建売住宅の隣に同じような注文住宅を建てる場合建売住宅のほうが安価なのに、注文住宅の方が高い、ということもあります。

なぜそうなるかと言えば、注文住宅は建売住宅にはない費用、つまり、担当者と工務店などとの打ち合わせ費用などが加算されてしまうため、その分、費用がかさんでしまうのです。

また上にも記載していますが、ローンが二つになったりするので、資金面でもしっかりと計画を立てる必要があります。

 

 注文住宅の良さ

でも、なんと言っても、注文住宅には注文住宅の良さがあります。

私も子ども心に、完成した自分の部屋の気に入ったフローリングを見たときは、思わずそのフローリングでころげまわった記憶があります^^

注文住宅には、住む人の価値観を反映させられ、ゼロから生み出す満足ゆく部屋の配置やお気に入りの設備や部材など、建売住宅には得られない、かけがえのない価値があります。

注文住宅の良さは、かけがえのない価値を生み出せることかもしれないですね

建売か注文住宅かで悩まれるのも、楽しみの過程の一つです。

ぜひ上記参考にしていただければうれしく思います。  

 

 

 

Fudousan Plugin Ver.1.5.3