高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

泉岳寺

 曹洞宗の寺院、泉岳寺。その歴史は、桶狭間の戦い(1560年)に織田信長が今川義元を討ち取るまで徳川家康が従属していた今川義元の菩提を弔うために開かれたことから始まります。江戸時代の江戸は火事が多かったのですが、徳川家康が開いた泉岳寺は3代将軍・徳川家光治世の寛永の大火で消失します。泉岳寺の復興が進まないため、浅野氏をはじめとする5大名によって今の高輪の地にうつされます。 

泉岳寺@高輪2丁目

泉岳寺@高輪2丁目

 さて、泉岳寺といえば、忠臣蔵の赤穂浪士たちのお墓のある寺として知られます。高輪は東京都港区に位置していますが、港区には各国の大使館がありますね。各国の国を文字通り代表する外交官たちが、日本の歴史や文化を知るために泉岳寺を訪れることも多い……そんな噂もあります。 

 外交官に日本の歴史を尋ねられた時、あなたは「忠臣蔵」について答えられますか? 

 1701年、江戸城内で浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りかかります。浅野は切腹させられますが、吉良はおとがめなし。これの処分に怒った大石内蔵助(おおいしくらのすけ)をはじめとする旧浅野藩士が1702年に吉良上野介をかたき討ちをします。大石をはじめとする「忠臣」たちは切腹を命じられますが、彼らが葬られたのが泉岳寺です。 

大石内蔵助吉雄銅像

大石内蔵助吉雄銅像

 これは主君のかたきをとったこの事件は、当時に一大論争をまきおこしたのですが、歌舞伎の代表的な脚本として流行したため、今日までも有名となっています。

参考リンク

曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

所在地

Fudousan Plugin Ver.1.5.3