高輪エステートは、一般の賃貸売買の仲介業務のほか、相続対策、相続税節税などの不動産活用のご相談を得意としております。   事業再生(事業承継/相続など)を手がけてきた背景があり、収益用小口不動産による所得税/法人税の節税対策などにも対応。   金融の知識を持つ不動産業者として、困ったときや難しい状況での対応に強みがあります。 

麻布十番:セーラームーンの聖地

 白金高輪駅から地下鉄で1駅、麻布十番駅があります。この界隈のエリアが、1990年代を代表するアニメ『美少女戦士セーラームーン』の舞台です。「麻布十番」で地名を構成しており、たとえば麻布十番駅の所在地は「麻布十番四丁目」です。 

麻布十番駅@麻布十番4丁目

麻布十番駅@麻布十番4丁目

 アニメの舞台となった地をたずねるという「聖地巡礼」が社会現象として語られるようになったのは2000年代後半になってからですが、アニメという異世界にリアルに存在する場所を登場させた先駆者といっても過言ではないでしょう。 

 作品が初めて世に出て四半世紀をへた今日に『美少女戦士セーラームーン』や2014年にリメイクされた『美少女戦士セーラームーンCrystal』を見直してみると、1990年代初頭と2010年代半ばの今日では、町の風景も至るところでかわっていることがわかります。 

 アニメの中にリアルな舞台を登場させているのは、1992年放送の『セーラームーン』、2014年放送の『セーラームーンCrystal』ともに確認されます。 

「ニコニコ動画」で両作品を確認しました。前者では第10話「呪われたバス!炎の戦士マーズ登場」に、後者では(第3話「レイ- Sailor Mars」)にて確認できます。こんなセリフがあります。 

「5本の坂が集まっている仙台坂上には、幻の6本目の坂があるという言い伝えがあります」(『美少女戦士セーラームーンCrystal』火野レイ、声:佐藤利奈、最終アクセス:2014年8月7日)。ちなみに、『美少女戦士セーラームーン』では、「仙台坂上」について同じ趣旨のセリフを月野うさぎ(セーラームーン)の親友・大阪なるに語らせています。道路地図で確認してみると、仙台坂上交差点には、たしかに5本の道路が交差していますよ……?! 

『サザエさん』や『ドラえもん』が庶民的な住宅に居住しているという設定になっているけれども、今日に東京都内であれだけ大きな一軒家に住むことはできないだろう、というバブル経済前に言われていたことと同じことが、『セーラームーン』でもあてはまります。歴史はくりかえすのでしょう、ね。 

ちなみに、「公立中学は、家から最も近い学校に通う」という1992年の常識が過去のものになっているのはご存知でしょうか?主人公・月野うさぎ(セーラームーン)とブレーン的存在の水野亜美(セーラーマーキュリー)は「区立十番中学」に通っています。 

『美少女戦士セーラームーンCrystal』第1話では、月野うさぎが寝坊して朝御飯も食べずに

「遅刻、遅刻―――!」 

とあわてて学校に登校するシーンが2014年放送分の『美少女戦士セーラームーンCrystal』でも描かれていますが、「寝坊しても走っていけば学校に遅刻せずに済む」という発想は、実は過去のものになっているのかもしれません。なぜならば、東京23区内では通う公立中学を選ぶことができる(希望者が多い場合には抽選等が実施される)という、それぞれの中学が特色を出して生徒募集に力をいれているからです。 

バブル経済崩壊後(それでもバブル経済の余韻は残っていた)『美少女戦士セーラームーン』(1992年)と『美少女戦士セーラームーンCrystal』(2014年)。普段見慣れている街並みや生活風景は、一体いつを起点にどのような出来事を通じて変化するのでしょうね。

参考リンク

麻布十番 – Wikipedia

美少女戦士セーラームーン – Wikipedia

美少女戦士セーラームーンCrystal – Wikipedia

所在地

Fudousan Plugin Ver.1.5.3