高輪エステートは、通常の賃貸売買のほか、土地活用や相続対策などの不動産のご相談を得意としております。  不動産の売却は、大手にも負けない高値売却ができるネットワークがあります。ぜひご相談ください。  

記事 :  品川・御殿山地区

原美術館

原美術館

美術品や骨董品を収集するのは大富豪にしかできない趣味の世界といえるかもしれませんが、今日の日本には「相続税」というものがあります。

一般論としていえることなのですが、美術品や骨董品に税務署が想定外の「高値」をつけたために相続税を払えなくなった、という話は戦後によく聞かれた話です。  

原美術館

原美術館

先祖代々の山を売り払ってやっと購入した、骨董品。

それが差押になる・・・そんな悪夢にうなされた大富豪たちは、骨董品を泣く泣く国に寄贈したり(その結果、大富豪の奥の間に飾られた壺が美術館に公開展示されているものもたくさんあります)、私有していた美術品を一般公開して「美術館」にしたり、税務署との戦いの後がしのばれる沿革をもっているところも少なくないのです。

井伏鱒二(いぶせますじ)のエッセイに、骨董収集家の友人がある山村部の川に埋まっていた平安時代の壺に一目ぼれし、狡猾ともいえる口上をのべて自分のものにしたエピソードが紹介されています。 

文豪の手にかかれば、収集家の所有欲・独占欲の業の深さがサラっと描かれているのですが、それもエッセイが書かれた頃には美術館の展示品になっているのですから、税務署の力やおそるべし。

弊社も気を付けたいものです、というくらいになりたいものですね(笑)。

 

入ってすぐ、年代物の電話があります

入ってすぐ、年代物の電話があります

ちなみに原美術館は、セルビア大使館やミャンマー大使館の近くにあり、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した実業家・原邦造の邸宅でした。

御殿山の大豪邸ですので、一度どんなところか訪れてみるのも良いかもしれないですね。

 

原美術館

所在地

ソニー歴史資料館

お宅の会社に元気のいい若いもんがクレームつけてきたら、御社はどうしますか? 

「御社の製品の音が悪い。」

「じゃあ、お前がつくってみろ」 

町工場に乗り込んだ、当時十代の若者がいまいた。

町工場の名前は東京通信工業(のちのソニー)、若者の名前は、音楽家にして経営者となった大賀典雄。

ソニー歴史資料館

ソニー歴史資料館

 

戦後間もない時期に町工場として産声をあげ、戦後日本経済史に大きな足跡を残した会社を一つあげろといわれたら、思い出とともにソニーの名前をあげる方は少なくないでしょう。

今日ではアップル社に後塵を拝していますが、技術・デザイン・不動産・マーケティングすべての分野でソニーが輝いていた時期がありました。 

 

「ソニー」といえば、独創的な技術……と語られるものがありますが、マーケティングやブランド力の「創造」にも緻密な戦略があります。

たとえば一世を風靡したウォークマン。 

おしゃれな学生がことで知られる都内の大学の生協で、大学生に試供品としてウォークマンを無料で配っていた時期があったという目撃情報があります。

その大学を中心に、「ソニーのウォークマンはおしゃれ」というイメージが急速に普及。

女の子を口説くために、男子大学生にとって必須のアイテムになったのでした……。 

なんとも日本人らしい横並びの思考法を活用した戦略でしたが、そうした特性を見抜いていたのが当時のおじさんたちでした。

今の日本のおじさんたちには、学生を躍らせる知恵と遊び心があるでしょうか。

あってほしいものですね、日本を元気にするために。

 

所在地

池田山公園

「池田山」というのは、江戸時代に歴代岡山藩主をつとめた池田氏の屋敷があったことに由来します。

のちに邸宅が立ち並ぶ高級住宅地となりました(”Wikipedia”「池田山公園」を参考にしました。最終アクセス:2014年5月29日)。 

 

昨今では「都心のタワーマンションに住みたい」という夢(?)をもつ若者も多いのですが、本格的な「公園」を近所にもちたい、というのはかつての上流階級の願望だったのかもしれません。

いや、それとも、江戸時代の大名たちが広い屋敷内に庭園をつくったことを真似しただけだったのでしょうか。 

 

池田山公園の池には、コイが住んでいます。ひょっとすると、江戸時代から先祖代々にわたって(?)住んでいる由緒正しいコイも住んでいるかもしれません。 

岡山藩にかぎったことではなく江戸時代の藩というものは、ほぼ例外なくといっていいほど財政窮乏に苦しんでいたことが近年の歴史研究の通説となっています。

現代の人々であれば、資金・予算に行き詰れば「庭つきの一軒家」をあきらめるでしょうが、江戸時代の藩主(殿様)は苦しい台所事情をかかえながらも「庭」にこだわりました。

それが大名屋敷の庭園を沿革にもつ都心部の公園となり、憩いの場として現在に生き残っています。

 

今日では庭付きの一軒家を東京都心部に持ちたい、と考える人は少ないかもしれませんが、「近くに緑豊かな公園がある」というのは、一つの判断材料になります。

所在地

神戸製鋼所 東京本社

2007年に木村拓哉さん(キムタク)主演のテレビドラマ『華麗なる一族』が放送されていた頃、神戸製鋼の役員の方と話す機会がありました。

キムタクが経営している神戸の鉄鋼会社のモデルは御社ですか、という話題をふったところかえってきたのは…… 

「あれねぇ、ウチ(神戸製鋼)と思われている方は多いと思うのですが、実は別のモデルがあるのですよ」 

待ってました、とばかりの受け答えをされました。

ドラマに登場する同業他社の設備投資の沿革からロケ地の会社名、通産省や銀行との関係まで語るその語り(ドラマのリアリティーと現実との相違)は、さすがというべきでしょう。 

 

鉄鋼業は戦後日本を支えた重厚長大の基幹産業の一つです。

旧財閥系・国策に近い大企業が勃興する中で、同社は独自の存在感を示します。

それもそのはず、昭和初年に破綻に追い込まれた財閥・鈴木商店(第一次世界大戦で急速に成長し、三菱商事や三井物産クラスのトップ商社に躍り出た歴史をもちます)の傘下にありながらも、鈴木商店の破綻や昭和金融恐慌という時代の荒波をくぐりぬけたのですから。 

 

神戸製鋼といえば、ラグビーを連想する方も多いことでしょう。

2019年にラグビーワールドカップの開催地は日本。元ラガーマンの森・元首相がトップにたって開催に向けて準備が進んでいます。2020年の東京五輪より一歩先に、神戸製鋼のラガーマンたちが日本の「株」をあげてくれることでしょう。

 

 

所在地

立会川・坂本龍馬記念像

立会川・坂本龍馬記念像

幕末のヒーロー坂本龍馬にだって、下積み時代があります。

もともとは黒船を監視していた見張りの一兵卒だった坂本龍馬ですが、これほど今の日本の人々に影響を与えていると知ったら、一兵卒時代の本人や同時代の人々はさぞかし驚くことでしょう。

 

さて、坂本龍馬はどういう偉業を成し遂げた人物なのか。

司馬遼太郎の「竜馬が行く」で真実化した感があるけれども、――犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩を結びつけた人物、のちに明治政府の骨格となった「船中八策」を構想したというのは真実なのか――という問いかけは、誰が坂本龍馬を暗殺した真犯人なのかという解明されていない謎とともに、劇作家の創作意欲をかきたててやみません。

立会川・坂本龍馬記念像

立会川・坂本龍馬記念像

「黒船に乗り込んで異人を斬る」

江戸で海防警備にあたった坂本龍馬は、故郷にこう書き送っています。

坂本龍馬が欧米文化に開明的な思考をもっていたという数々の逸話と、多くの人々を驚かせた黒船を自分の目で見ながらもこのように書いていたのですから、知るということは本当に大切なことで、人のモノの見方や考え方を大きく変えてしまうものだとわかります。

 

 

龍馬の像は、立会川の駅、改札を出て左に50mのすぐそばの公園に、ひっそりと建っています。

高知の像よりは小さく、海を見ていませんが、高知まで足を運ばなくても品川の立会川にあるというだけで、なんだかうれしい気持ちになります。

この像を見るたびに、こころざしを大きく持って生きたいと、思わずにはいられません。

立会川・坂本龍馬記念像

立会川・坂本龍馬記念像

所在地

 

立会川・山内容堂公墓

山内容堂。これほど描きにくく演じにくい、脚本家と俳優を泣かせる人物はそうそういないでしょう。

清濁あわせのんだアクの強い老俳優が演じることが少なくないのですが、意外なことに46(47)歳と、若くして亡くなった人物です。 

坂本龍馬の生まれ育った土佐藩の藩主(殿様)です。

 

「土佐藩には武士階級でも、上士と下士には厳然とした身分差別があって……」とあたかも土佐藩の特殊事情だったかのような描かれ方をされますが、このような「身分差別」は、たとえば福沢諭吉の育った中津藩(大分県中津市)にもあって、福沢諭吉もいきどおっているところです。 

さて、幕末の土佐藩の動向を描こうとすれば、藩主の行動・言動に惑わされるように複雑です。

吉田東洋を用いて藩政改革で一気に藩勢をのばしたかと思えば、博学にして強力な集団を率いる武市半平太らには死罪を命じています。

このことによって、明治新政府に土佐藩出身の有力な政治家も軍人も官僚も送り込むことができなかった一因とする解釈も可能です。

 

長州の殿様の毛利敬親のように、家中の者がいうことを追認するばかりでいつも「よかろう」と言っていて「よかろう様」といっていたら幕末の荒波を逃れられた……わけでもありませんね。長州も薩摩も、欧米列強の猛攻撃をくらっています。

高知城下が欧米列強の大砲や過激派志士たちのテロや幕府軍の追討などによって火の海にされなかったのは、酒豪で知られた山内容堂のような複雑な言動と思考様式を必要としたのかもしれません。 

幕末・維新とは、生き残るのがかくも難しかった動乱の時代なのです。

所在地

清泉女子大学と島津山

島津山は、標高は25~26m程度の山と言うよりは小高い丘で、住宅地のほか、山頂部は清泉女子大学があります。

清泉女子大学は、1950年に神奈川県横須賀市に創立されたキリスト教系の大学。ここの大学の敷地や校舎は1962年に日本銀行から購入し、横須賀から島津山に大学を移転されました。

seisen1

清泉女子大学のホームページ

清泉女子大学のホームページのトップにある、とてもステキな洋館の建物は、1915年に島津侯爵邸として竣工したものです。こういう校舎で勉強するのはすてきですね。

駅からはそれほど遠くはなく、大崎駅/五反田駅/高輪台駅から大学まで、約10分。品川駅からは約15分。

品川駅からだと少し高台を超えてゆくことになるのですが、朝夕の時間帯は、清泉女子大の学生さんが元気よく歩いている姿をよく見ます。見かけるたびに、がんばれ~って思いながら自分も自転車でキコキコしています。

しながわ百景の看板

旧陸奥仙台藩伊達家下屋敷跡

   さて、島津山のネーミングの由来など歴史的な話は、上記の写真をクリックしてみればすべて書いていますので、内容の重複を避けて、ここからはすこし島津家のエピソードを書いてみたいと思います。

 shimazukamon

 

意外に思われるでしょうが、江戸時代、薩摩の島津といえば、貧しく、弱いことで知られていました。

その島津が、後に江戸の一等地に島津の殿様の邸宅を建てて「島津山」と呼ばれるようになったことは、江戸時代の人からすれば信じられない出来事だったと思います。 

 

shimazuyoshihirogunki江戸時代は商工・農業・経済が発展し、その中でも商人の台頭は著しいものでした。

その反面、お殿様の台所事情は大変なもので、江戸幕府から強制させられている参勤交代のおかげで、財政はいつも火の車状態。

そんな状態なので、どこの藩でも支配者であるはずの武士たちも貧しく、自分の手元に入ってくる予定の年貢を担保にいれて、商人から借金し、いつも資金繰りに苦労していました。

薩摩藩は、江戸からは遙か彼方に位置しているので、参勤交代にかけるエネルギーや資金は莫大、財務状態も大変で、そのため江戸の人たちからは、貧しくて、そして弱いというように見られていました。

 

そして時代は激動の幕末から明治維新に変わります。

 

明治維新の立役者となったのは武士たちは、新政府に権力を集中させるには、殿様からその身分を取り上げる「廃藩置県」を断行する必要がありました。

きっとどこかの殿様が反政府軍の兵をあげるに違いない……そんな危機感から、薩摩・長州・土佐は、新政府直属軍を組織します。

しかしふたをあけてみると、全国の殿様たちは一人残らず、新政府の借金免除の条件にとびついて、東京に用意された屋敷へと移り住みます。

 

それくらい経済難が全国の殿様を苦しめられていた江戸中期以降、他藩よりも貧しいと思われていた薩摩藩が倒幕のための公家などへの袖の下(賄賂)や志士たちによる倒幕活動を続けることができたのは、奇跡的なことだと思います。

おそらく徳川家が攻める気になれないほど遠方だった地の利と、代々の名君と、教育熱心な藩であったことから殿様を支える優秀な家臣に恵まれたからでしょう。

島津山は、そんな歴史を持つ島津の元殿様が邸宅を建てたところです。

清泉女子大学の入口

清泉女子大学の入口 右側にはしながわ百景の看板

 
清泉女子大学は、そんな日本を変えた深い歴史をもつ島津家の名前の地名にした、島津山にあります。

今の時代は女性が輝く時代です。

すてきな校舎で学びながら、古き歴史をあたためつつ、これからの日本を考える人材や志を持った学生さんが清泉女子大学で学び、たくさん育ってほしいですね。

清泉女子大学のホームページ

 

レミィ五反田

 JRと東急池上線がビルの4階に直結しています。1階にスーパー、2階から7階まではカフェや雑貨屋さん、書店があり、8階はレストラン街になっています。

レミィ五反田 [remy gotanda]@東五反田2丁目

レミィ五反田 [remy gotanda]@東五反田2丁目

 駅に直結しているロケーションからか、1階のスーパーはランチタイムにサラリーマンが列をなしてレジに並んでいます。

参考リンク

レミィ五反田 [remy gotanda]

所在地

ティップネス五反田

 駅から徒歩3分のところにティップネス五反田があります。駐輪場もあるので自転車で通いたい方には便利です。営業時間は平日は7時から11時15分。通勤前にも利用できそうです。

ティップネス五反田@東五反田2丁目

ティップネス五反田@東五反田2丁目

 

参考リンク

五反田店 – ティップネス

所在地

コナミスポーツクラブ五反田

 高輪から五反田駅方面に坂道を下っていくと、コナミスポーツクラブ五反田があります。1階にはドラッグストアがあり、ビルの地下1階に位置しています。

コナミスポーツクラブ五反田@東五反田1丁目

コナミスポーツクラブ五反田@東五反田1丁目

 営業時間は10時から平日は23時までです。夜遅くまで開いているので仕事帰りでも通えそうですね。

参考リンク

コナミスポーツクラブ五反田

所在地

ライフ東五反田店

 2014年5月にできたばかりのスーパーです。2階には野菜コーナーが目をひきます。お肉やお魚、冷凍食品も並んでおり、品揃えは豊富。1階にはお惣菜やパンやドリンクが並んでいます。ベーカリーコーナーのパン、デザートが特に充実している印象です。

ライフ東五反田店@東五反田2丁目

ライフ東五反田店@東五反田2丁目

朝9時30分から25時まで営業している

朝9時30分から25時まで営業している

 2階は主婦、1階はサラリーマンやOLが中心に利用しているようです。駐車場がないのが残念なところではありますが、お水のサービスや休憩スペースが設置されています。

参考リンク

ライフ東五反田店

所在地

マルエツプチ五反田店

 Wikipediaによると、500㎡以下のマルエツは、マルエツプチというそうですが、都道317号に面した24時間営業の名前のとおりミニサイズのスーパーです。

マルエツプチ五反田店

マルエツプチ五反田店

 小さいながらも生鮮食品、冷凍食品からお惣菜やパンまでひと通りの食材が揃っています。近隣の主婦やサラリーマンまでお客さんの層は幅広い印象です。

参考リンク

マルエツ プチ 五反田店

マルエツ – Wikipedia

所在地

foodium東五反田

 都道317号を入ったところなので、閑静な立地です。営業時間が朝7時からと早く、朝食の買い物にも利用できます。手軽な食事に利用できそうなカット野菜やお惣菜が充実しています。

foodium東五反田

foodium東五反田

 店内にはコーヒーや軽食の食べられる休憩スペースやPC用電源もあり、ちょっとした食事や作業をするスペースとして利用できそうです。

タワーマンションの1階にある

タワーマンションの1階にある

 ファミリーだけでなく、サラリーマンやOLにも使い勝手の良いスーパーといえそうです。

参考リンク

foodium東五反田

所在地

駐日ブルネイ大使館

 二件隣は高輪4丁目、というところにブルネイ大使館があります。世界一裕福な国で有名ですね。

 イスラム教国家の宗主(国王)のことを「スルタン」と呼びますが、スルタンが世襲統治する東南アジアの国の一つが、ブルネイです。イスラム教を国教として定めています。 

 2014年は、ちょうど、日本とブルネイの外交樹立30周年の記念年です。意外と歴史が浅いのでは、と思ったあなたはなかなか鋭いですね。東南アジアは欧州国家の植民地として歴史をあゆんできましたが、ブルネイが宗主国の英国から完全独立を果たしたのは、1984年1月1日のことなのです。 

ブルネイ大使館@北品川六丁目

ブルネイ大使館@北品川六丁目

 ブルネイは石油・天然ガスの産出国として知られます。東日本大震災以降、たとえば天然ガスの輸入が注目されていますが、ブルネイも日本に天然ガスを輸出しています。 

PPH_tetuseinotanku500

 失業率は低いのですが、資源価格が暴落すると国の財政や失業率を直撃するリスクをかかえています。成長率は他の東南アジア諸国と比較すると低めですが、世界一裕福だからでしょう。

 とはいえ、潜在力が十分に発揮されているとはいえません。たとえば、駐日ブルネイ大使館のホームページは英語のみの表記となっています。このような国だからこそ誰もしていないような体験をできる国かもしれないですね。なんだか夢を見てしまいそうです♪

参考リンク

ブルネイ・ダルサラーム国大使館

在ブルネイ日本国大使館 – 外務省 海外安全ホームページ

所在地

駐日セルビア共和国大使館

 20世紀はセルビアにとって受難の年だったといえるでしょう。ちょうど100年前の1914年に第一次世界大戦がはじまりましたが、そのきっかけとなったのはセルビアの首都・サラエボで起きた、オーストリア皇太子の暗殺事件でした。 

 第二次世界大戦後にはユーゴスラビア連邦として再スタートしますが、ユーゴ建国の英雄チトー死後には内戦が勃発。連邦が分裂し、セルビアが今日の姿になるまでに約30年の時間を必要としました。1984年には冬期オリンピックがサラエボで開催されるまでになったにもかかわらず、戦場となってしまいました。 1999年3月にはNATO軍の空爆をうけます(当時の国名は、「ユーゴスラビア連邦共和国」通称:新ユーゴ)。 

セルビア大使館@北品川4丁目

セルビア大使館@北品川4丁目

 歴史的にもつながりが深いのは、同じ民族系統(スラヴ民族)をもつロシアです。セルビアの失業率は20%とかなり高い状態となっていますが、ロシアはセルビアの味方をすることが少なくありません。チャイコフスキー作曲の有名な管弦楽曲に『スラヴ行進曲』という10分程度の曲があります。この作品は、セルビアとロシアを応援するために書かれた作品です。 

P8060125

 セルビアも2014年にはEU加盟交渉を開始しています。EUへの加盟にあたっては国内外に紛争をかかえていないことが条件になりますので、過去の歴史を乗り越えて和平への道を歩むことを願っています。

参考リンク

在日セルビア共和国大使館(日本語サイト)

所在地

在日モーリタニア共和国大使館

 モーリタニアは大西洋に面した西アフリカの国の一つです。近年、天然ガスの埋蔵が確認されたことで注目をあびたこともありましたが、技術がおいつかず開発が遅れているとのことです。 

 追い打ちをかけるのが政情不安定です。外務省のホームページで確認するだけでも近年に数度のクーデター事件を経験しており、統治体制の難しさがうかがわれます。 

モーリタニア・イスラム共和国大使館@北品川5丁目

モーリタニア・イスラム共和国大使館@北品川5丁目

 もっとも、「在日モーリタニア大使館」公式HP(最終アクセス:2014年8月7日)では、ツーリズムもアピールされており、ウワダン・シンゲッテイ・ティシット・ウワラタの四つの古代都市(ユネスコ世界遺産)として紹介されており、諸制約が解決されれば異国情緒を楽しめそうな国ともいえます。

砂漠を行くキャラバン隊。砂漠の苛烈な自然環境を知っておかないと大変なことになりそうですが、この厳しい自然を乗り越えての隊商の活動が、現地に住む人々の富となり心のありかとなったのでしょう。

P8060128

  主要産業は農牧業と漁業。サハラ砂漠の西方に位置する同国は、ラクダを編成したキャラバンによって他国とのつながりをもちました。アラビア語が公用語・国語として、そしてイスラム教が国教に定められているのは、中東地域との深いつながりを示唆しています。

参考リンク

モーリタニア・イスラム共和国 | 外務省

在日モーリタニア共和国大使館・トップページ

所在地

駐日ミャンマー連邦共和国大使館

 つい十年ほど前までは、ミャンマーといえばあしざまに描かれる国の一つでした。今日(2014年)、私の知人はミャンマー駐在3年目です。経済成長著しい東南アジアの国々(ASEAN諸国)の後発国として注目を集めています。

ミャンマー連邦大使館@北品川4丁目

ミャンマー連邦大使館@北品川4丁目

 ミャンマーと呼ぶか、ビルマと呼ぶか。おそらく世界で最も有名なミャンマー人はアウンサンスーチー女史でしょう。ビルマ独立の英雄を父にもつ同女史は、軍事政権の軟禁下におかれたり海外生活を余儀なくされたりといったエピソードとともに日本でも広く知られます。 

 かつては軍事政権のイメージで語られることの多かったミャンマーは、2000年代に入ってから「軍事政権」のレッテルを返上しようと開放政策を進めます。高度成長に必要なインフラや物流基盤はまだまだだ、地方では少数民族の部族闘争がはげしいという声も聞かれますが、政治的にも経済的にも目を離せない国の一つです。 

P8060133

 人口の90%を仏教徒がしめる(外務省HP「ミャンマー基礎データ」、最終アクセス:2014年8月7日)仏教国ですが、画像検索で「ミャンマー」とググってみてください。仏教寺院の画像が、ちょっと趣が異なりませんか? 

 実は、日本で一般的な大乗仏教と異なり、上座部仏教といわれる仏教の主要流派がミャンマーの「仏教」なのです。

参考リンク

Welcome to the Myanmar Embassy, Tokyo

ミャンマー – Embassy in Japan 在日大使館ポータルサイト

所在地

Fudousan Plugin Ver.1.5.3